こんにちは!老舗通販.net編集部です。

今日は、浅草の甘味専門店・梅園の羊羹をご紹介します。

梅園の羊羹

奥から、『芋むし羊かん(さつまいも)』・『栗むし羊かん』・『くるみ羊かん』・『かぼちゃ羊かん』の4種類です。

栗むし羊かんは、定番の小倉の甘さの羊かんに大きな栗が入った羊かん。
そして。芋むし羊羹・くるみ羊かん・かぼちゃ羊かんは、素材の味を感じられる甘さ控えめの香り高い羊かんです。

さつまいもとかぼちゃの羊かんは、女性が大好きなホクホクとした味わいが楽しめます。さつまいもとかぼちゃの美味しさが凝縮された感じです。

くるみ羊かんは、柔らかくみずみずしい美味しさ。くるみの渋みと餡の甘さが絶妙なバランスで作られています。

4種類の味を比べながら食べられるのも、この『羊かん 詰合せ』の良いところ。
是非、ご夫婦やご家族、ご友人と楽しみながら味わっていただきたい商品です。
時節柄、お歳暮ギフトとしてお贈りしても喜ばれそうですよね!

 

 

◆梅園の歴史

創業 安政元年(1854年)浅草寺の別院・梅園院(ばいおんいん:庭に梅の木が沢山あった)の一隅に茶屋を開いたのが始まり。
屋号『梅園(うめぞの)』も、そのゆかりなのだそうです。

初代御当主は、元祖あわぜんざいで好評を博し、東京名物となりました。
以来150余年、甘味専門の店として伝統を継承されています。

 

どら焼き、栗きんとんどら焼きも大変人気です。

梅園のどら焼き