梅園は安政元年(1854年)創業、東京名物 元祖あわぜんざいが有名な浅草の老舗です。浅草寺の別院・梅園院の一隅に茶屋を開いたのが始まり。おしるこ・あんみつ・どら焼き・和生菓子などの甘味専門店として伝統を継承しています。

カートの中には何もありません。

小計: ¥0

創業 安政元年(1854年)浅草寺の別院・梅園院(ばいおんいん:庭に梅の木がたくさんあった)の一隅に茶屋をひらいたのが初めてで、屋号梅園(うめぞの)もそのゆかりである。

初代は元祖あわぜんざいで好評を博し、東京名物となり、以来160余年、甘味専門の店として伝統を継承してきた。昭和23年8月、法人組織に改組し、下町の代表的甘味処として現在に至る。

Close